対応素材と導入による成果

新着情報

金属製品も3dプリンターの試作サービスで

樹脂製品の3dプリンターの試作需要が増えていますが、金属製品も同じく要望するケースが増加傾向にあります。金属製品の3dプリンターの試作をする最大のメリットには、開発をしてから届くまでの納期の速さがあります。金属製品の3dプリンター需要が増えていますが、現状はコストがかなり必要となる為、試作サービスの利用が良い選択肢となっています。金属製品を、3dプリンターの試作サービスを利用するメリットは納期の短縮だけではありません。
手動で作業を行う場合、それに費やす時間がかかりコストも高くなりますが、3dプリンターの試作サービスを利用すると、その分のコストも削減出来ます。また、新たな商品を開発する時は、様々な部署の担当者と打合せやプレゼンを行いますが、パソコン上の資料だけだと伝わりにくい部分があり、良い開発商品でも周りの理解を得るまで時間がかかるということがあります。
しかし、3dプリンターの試作サービスで、試作品を手にとって見ることが可能となり、理解を得るのに有効な手段となります。開発から決定までの期間が短いと、製造をすぐに開始出来る為、効率良く生産に移ることが出来ます。3dプリンターのメリットは、複数あり利用する価値は高いので、まずは試作サービスを利用するのが良い方法です。

コスト削減とスピードアップ

3dプリンターの試作サービスが少しずつ増えています。金型部品から様々なインテリアまで、幅広い造形に活用可能な3dプリンターは、従来のモノづくりのステップを大幅に削減する可能性を秘めています。
従来は、デザインが決定しても、それを形にするには試作が必要でしたし、造形によってはそのための機械などの変更が必要で、試作品を作るのに多くの時間が必要でした。そのために開発工数が増えたり、細かい修正などが難しいことも多かったのです。それが3dプリンターによって大きく変わるようになりました。データさえあればすぐにそれを形にして比較検討し、データのちょっとした加工ですぐに修正品やマイナーチェンジも可能になりました。
また、プリンターの種類によっては造形だけでなく、材料まで本物と同様のものを使用することができます。リアルな試作品をロット単位でなく1つから作ることができるのもコストや時間の削減に、また装置の効率的な利用にメリットが大きいです。
データさえあれば3dプリンターによって造形を作成してくれるサービスは、自社で高価な3dプリンターを抱えることなくこうしたメリットを受けることができます。自社設備の有効活用を促進すると共に、制作や打ち合わせによる時間やコストの削減が可能となりますので、うまく活用することでビジネスのスピードを生み出すでしょう。