デジタルデータを物理的オブジェクトへ

新着情報

具体的な試作サービス利用

3dプリンターは3次元のCADデータやCGデータをもとにして立体造形を行う機器です。一般向けのものもありますが、高度な立体造形を試作できるような機器はかなりの高額になりますので、専門業者のサービスを利用するようにすると良いでしょう。
製造業を中心に、多くの分野で立体化技術が活用されていますが、その試作品を作るために活用されているのが3dプリンターの試作サービスです。これらは、どのような形で発注するかにもよりますが、基本的には上記のデータをもとに、素材やサイズを指定して発注してそれを3dプリンターで出力し、何か問題があれば調整して納品と報告を行うというような形となります。
しっかりと設計図や依頼ができるほど基本的には費用は安くなりますが、あまり知識や技術がない場合などは、しっかり専門スタッフと相談しながらやってみる方が、出力したものも品質が良くなりますし、ノウハウを身に着けることにつながります。
3dプリンターの試作サービスは、業者によって使用しているプリンターの種類も違い、そのサービス内容も価格も、また造形が可能なものも大きく違ってきます。何でもできるところは高額になりがちですから、案件ごとに必要なサービスを提供している業者をあたり、見積りをもらうのがコストを最小限に抑えるためには良いでしょう。

試作サービスで使うデータ

3dプリンターの試作サービスを利用すると、自分で3dプリンターを用意せずにすみます。自分で用意するのは、3Dデータです。あとは、どのような造形方式で作るのかを決める必要もあります。3dプリンターには造形エリアの各辺が10センチ以下のものから1メートル以上のものまで存在します。造形方式も、熱溶解積層方式、光造形方式、インクジェット方式などさまざまです。
これらは、医療モデルや建設模型、フィギュアや試作部品など、目的によって選択します。サイズや方式のバリエーションの多さからも、自分で3dプリンターを用意することの難しさがわかります。自分で用意する3Dデータを作るソフトには、3D-CAD(キャド)と3D-CG(シージー)とがあります。3D-CADは工業部品の設計などに適しており、各部分の寸法が正確に指定されます。
立方体や円すいなどのフィーチャーと呼ばれる単位を組み合わせていきます。3D-CGは、人形など自由な曲線の連続で構成されるモデルの設計に適したソフトです。ポリゴンやスプラインカーブを組み合わせて設計します。3D-CADや3D-CGはフリーで使えるものから高価なものまであります。また3dプリンターで利用できる3Dデータをダウンロードできるサイトもあります。このように、目的と3Dデータを準備することで、3dプリンターの試作サービスを利用できます。